【甘く見ちゃいけない】いぼの基礎知識と治療について

いぼ治療で自信を取り戻す

いぼの種類と原因

レディ

いぼは様々な場所にでき、色々な種類があります。足の裏にしかできないタイプや年齢を重ねるとでるタイプがあります。このページでは種類と原因について詳しく説明しています。ぜひ参考にしてください。

自己治療はデメリット

相談

いぼを自己治療するには痛みを我慢して行えば誰でもできます。ですが、行なうことで二次災害を引き起こしてしまいます。もし除去を考えている際は絶対に病院で行なってもらいましょう。ここでは自分でする除去のデメリットといぼの見分け方の紹介しています。

首いぼの基礎知識

医者

首いぼで悩んでいる方は全国に多くいます。邪魔だから自分で除去を考えている方がいたら絶対にやめて下さい。いぼ除去には専門的な治療が必要になります。また、首いぼには2種類あり、自己治療として除去を行なったら、かえって悪化するケースもあります。では、首いぼの2種類の特徴とナゼ自分で除去してはいけないのかについて詳しく説明しましょう。
まず最初に、首いぼの2種類の特徴についてです。実は、いぼには良性とウイルス性の2種類があります。ほとんど、良性が多いと言われているため放っておいても害はないといわれています。しかし女性の場合は、いぼを隠すために服選びをするため、オシャレを楽しめないと言う声が多くあります。男性だと、スポーツをする方は倒れた拍子に潰れて出血しないか心配という声も多く上がっています。ファッションの妨げになったり、摩擦が多く気になったりするケースが多く見られます。切ってもそんなに影響がないなら自分でしても平気と思うのではなく、ちゃんとした施術を受け、安全に除去することをオススメします。

次にナゼ自分で除去してはいけないのか理由について説明しましょう。上記でも紹介したように良性とウイルス性の2種類があります。どちらなのタイプなのか見た目では区別が付きません。もし自分で除去をした場合にウイルス性であったら、他の人に感染する可能性が高まります。そのため、他人への二次災害を防ぐためにも自己除去をしないでください。しかし、良性だったら感染しないから自分で行なうという方もストップです。もし自分で除去した場合に、傷口から細菌の感染リスクが高まってしまいます。自分ですると二次災害が自分に起こるため、やめたほうがよいです。良性でもウイルス性でも自分で切ることは危ないので、専門の病院に任せてください。
ちなみに発生する原因として、若い頃に紫外線を多く浴びて肌へのダメージを受け続けていた方が加齢と共に肌が弱くなってきて、発生することが多くあります。もう一つの原因がウイルス性のいぼに感染したときです。そういった原因から身を守るために、日々の食生活や紫外線対策をすることで未然に防ぐことも可能です。

治療方法について

医者と看護師

病気やケガの治療には様々な方法があり、また進化し続けています。進化の中にはいぼ治療もあり、患者に負担の掛からない施術になっています。治療方法について詳しく説明します。

治療費用について

ドクター

治療には様々な方法を用いて行なうため、施術費用も異なってきます。炭酸ガスを使ったレーザー切除や液体窒素を使用していぼを焼き切る方法などあります。また施術には麻酔やその他費用がかかるため詳しい金額は施術を受けるクリニックで確認しましょう。